【2015.3.3】東京農工大学科学博物館特別講演会「サイエンスコミュニケーション事始め」

渡辺正隆(筑波大学広報室、サイエンスコミュニケーター/教授)

東京農工大学科学博物館は、大学の研究と社会をつなぐ機関として広く社会に貢献しています。 現在、科学と社会をつなぐ手法の一つとして、サイエンスコミュニケーションが注目されています。 サイエンスコミュニケーションとは何か?実例を交えながらご紹介します。詳しくはこちら[PDF]

開催日時 3月3日(火) 10:30~12:00(10:00受付開始)
会場 科学博物館3階講堂
定員 100名(参加費および申込不要・当日先着順)
主催 東京農工大学科学博物館、国立科学博物館
協力 日本サイエンスコミュニケーション協会