【2019.6.25】繊維技術研究会講演会「ファッションの源流 渡来文化から現代まで」

講師: 講師:中里 昌平(株式会社マルナカ 代表取締役)

埼玉県飯能市にあるマルナカは創業1868年(明治元年)の老舗織物メーカー。
超大型ジャガード搭載ドルニエ・レピア織機、ドビー機、全自動短尺整経機など、国内有数の織機設備を誇る。綿、麻、絹、毛、化合繊など、あらゆる素材に対応。
20d極細番手のフィラメント糸から手紡ぎのホームスパン糸の極太番手、イレギュラーなファンシーヤーンまで自在に織ることができる。
様々なデザインに対応できるデジタルデザインシステムも、いち早く導入している。

<講演内容>

一昨年埼玉県日高市は「高麗郡建郡1300年祭」を行いました。

私どもの地元飯能市もほぼ全域が高麗郡でした。この地方の織りの技術は、渡来した高麗人から伝承されたという説が最も有力です。

戦後激変の繊維業界で世界に君臨するデザイナーの方々との、織物づくりの状況をお伝えしたいと思います。
繊維技術研究会についてはこちら
開催日時 6月25日(火) 13:00~15:00
会場 科学博物館3F講堂
その他 予約:不要 入場:無料