【2014.9.16】繊維技術研究会講演会「放射能・放射線とどう向き合うか~安全・安心のための科学的な理解に向けて~」

講演者:國眼 孝雄(東京農工大学名誉教授・繊維技術研究会会員)
講演内容:先の東京電力の福島第1原子力発電所の事故を受け、例えば公表されている測定値のうち、小金井市のある保育園の地表5cmの空間放射線量は0.06μSv/hであるが、この値は何を意味しているのか。 これらは野菜や魚などの食品に含まれる放射能[Bq/kg]とどう関係があるのか、国際的な安全基準はどうなっているのか、 またこれらの問題の根源となった原子力発電とはいかなる物か ・・・など、 「広く放射線量・放射能や原子の構造・性質などの一般的な基礎概念や現象を科学的に理解すること」で、放射能・放射線に関する“点”的な知識を“面”的に関係づけ、 一般社会人として、これらの不安を科学的に対応できる知識を共有することをめざす。

開催日時 9月16日 10:00~12:00
会場 科学博物館3階講堂
その他 来聴自由
繊維技術研究会についてはこちら