【2018.2.3-2.10】第36回東京農工大学科学博物館友の会 サークル作品展

東京農工大学科学博物館は1980年から博物館における生涯学習活動に先駆的に取り組み、繊維の伝統技術を学ぶ場として、地域に開かれた活動を展開してきました。本サークル作品展も36回目を数え、地域の皆様にもなじみの深い恒例展示となっております。
大学附属農場という学術資源を活用し、わら細工を稲作から行う、羊の毛を刈り取り、その毛を手つむぎする、養蚕技術を学びながら生糸を引く、館内の織り機を用いて技を修練するなど、作品の一つ一つが一年間の技術習得の集大成です。作品の品評ではなく手仕事の「わざ」を語り合う場として、苦労と工夫の結晶をご覧ください。ポスターはこちら

会期 2018年2月3日(土)~2018年2月10日(土)(最終日は14:00まで)
休館日 2月5日(月)(2月4日(日)は臨時開館)
場所 東京農工大学科学博物館 1階および2階
主催 東京農工大学科学博物館
東京農工大学科学博物館友の会
入館料 無料
構成・作品 東京農工大学科学博物館友の会 10サークルによる作品展示
①絹サークル
②手つむぎサークル
③藍染サークル
④型絵染めサークル
⑤織物サークル
⑥レースサークル
⑦組みひもサークル
⑧ひも結びサークル
⑨つるかごサークル
⑩わら工芸サークル