【2015.7.22-10.3】企画展「ウズベキスタンのカイコが育む、アマゾンの森と共にある、人々の暮らし」

東京農工大学の国際技術支援の紹介展「農が支える世界の資源と文化 ウズベキスタンのカイコが育む、アマゾンの森と共にある、人々の暮らし」を開催いたします。
東京農工大学においては、ウズベキスタンとブラジルにおいて、JICA の草の根支援プロジェクトを行っています。ウズベキスタンでは日本の養蚕技術体系を現地に適応させ、小規模飼養向け蚕の改良と特徴ある絹製品を開発することで、特に老人婦女子の就労機会を創出し、農家収入の安定確保を目指しています。
また、ブラジルではアグロフォレストリーの技術導入を目指しています。アグロフォレストリーとは農作しながら植林する方法です。収穫年数が異なるコショウやカカオなどの熱帯作物とマホガニーなどの樹木を混植することで、持続的な農林業の実現を目指し、アマゾン地域住民の生計向上と、森林回廊の形成に貢献しています。
本展示ではプロジェクトの様子をパネルや動画で紹介すると共に、生産物の販売モデル確立のため作品募集を行ったシルクロードの布「アトラス」を用いたウズベキスタンのお土産作品を展示します。東京農工大学ウズベキスタンプロジェクトについてはこちら
会期 2015年7月22日(水)~2015年10月3日(土)
休館日 日曜日・月曜日・祝日・8月6日・12日・13日・14日(夏季休館)
場所 東京農工大学博物館 1階企画展示室ほか
主催 東京農工大学科学博物館・東京農工大学農学府
後援 ウズベキスタン大使館・ブラジル大使館・JICA東京・日本貿易振興機構(ジェトロ)・東京農工大学教育研究振興財団
イベント ブラジルDAY:8月8日(土)東京農工大学工学部13号館404号室
・東京農工大学のアマゾンにおけるプロジェクト報告会
・特別講演「南米日系社会のいまとこれから-日本との交流展望」ウズベキスタンDAY:8月22日(土)東京農工大学科学博物館3階講堂
・東京農工大学のウズベキスタンにおけるプロジェクト報告会
・講演会「ウズベキスタンの歴史と見どころ」
・ウズベキスタンダンス

キッズイベント:
・8月25日(火)夏休み子ども体験教室
「アトラスを使って貝がらストラップを作ろう」
・9月5日(土)子ども科学教室(要事前予約:8月18日(火)10:00より予約開始)
「カイコの繭から糸を繰ってみよう」