【2016.11.1】創基130周年企画展「収蔵品展―博物館黎明期と蚕病教育」

 

東京農工大学科学博物館は、今年創基130周年を迎えました。
当館の歴史は、明治19年(1886年)東京農工大学工学部の前身である農商務省蚕病試験場の「参考品陳列場」にはじまります。当館の収蔵庫には古くからの展示物や展示ケースが残されており、当時の博物館教育活動を知る貴重な学術資料となっています。
本展示では、資料の中から蚕病関連資料に焦点を当ててご紹介いたします。

 

会期 2016年11月1日(火)~2017年3月31日(金)
休館日 日曜日・月曜日・祝日・年末年始休館(12月28日~1月4日)
場所 東京農工大学科学博物館 1階企画展示室
主催 東京農工大学科学博物館

 

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です